那覇市マーク 那覇市議会 NahaCityAssembly 那覇市花ブーゲンビレア
インデックス
トップページへ  
ごあいさつ  
市議会の役割としくみ  
市議会の構成  
議員名簿  
会派所属委員会名簿  
議会の傍聴テレビ中継  
請願と陳情  
議会開催等のお知らせ  
委員会の開催日程  
委員会の活動等  
議決結果  
会議録検索  
なは市議会だより  
議会運営先例集  
那覇市議会史  
その他  
那覇市のホームページへ  
空白  
那覇市議会事務局  
お問い合せ  
電話番号  
背景色  
  • 背景色変更
  • 標準
議決結果
Line
一覧表へ戻る

「国は地方の声を聴く仕組みを保障する」ことを求める意見書

 現在、政府・与党では陳情の窓口を民主党本部幹事長室に一元化した形式で陳情仕分けが行われている。これに対し、地方自治体や、団体等から「地方の声は国に届くのか」、「首長が地方の声を政府に伝えることは極めて重要」との不安や危惧の声が上がっている。
 陳情は、地方の声を国政に伝えるうえで極めて重要な手段であり、憲法上でも保障されている。また、これからの時代は、地方分権一括法が施行されることもあり、地方主導、地方主権をより積極的にすすめていかなければならない。地域主権への制度改革をすすめる上で地方の声は重要であることを十分認識しながら対応することが迫られている。
 本来、政策の策定は政府で行うべきであり、立法府を構成する一政党が陳情を一元化して受けることは好ましくなく、地域の活性化に繋がるような政策提言を自ら出来るチャンスをより多くの門戸を開けて広げるべきである。
 そのことから国は地方の声の重要さを認識し、「地方の声」をしっかり受け止める、適正でかつ開かれた仕組みを保証するよう強く求めるものである。
 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

   平成21年(2009年)12月21日

那 覇 市 議 会

あて先 衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、内閣官房長官、
行政刷新担当大臣


Line
トップページへ戻る   一覧表へ戻る

Copyright Naha City Assembly. All rights reserved.