那覇市マーク 那覇市議会 NahaCityAssembly 那覇市花ブーゲンビレア
インデックス
トップページへ  
ごあいさつ  
市議会の役割としくみ  
市議会の構成  
議員名簿  
会派所属委員会名簿  
議会の傍聴テレビ中継  
請願と陳情  
議会開催等のお知らせ  
委員会の開催日程  
委員会の活動等  
議決結果  
会議録検索  
なは市議会だより  
議会運営先例集  
那覇市議会史  
その他  
那覇市のホームページへ  
空白  
那覇市議会事務局  
お問い合せ  
電話番号  
背景色  
  • 背景色変更
  • 標準
議決結果
Line
一覧表へ戻る

「協同出資・協同経営で働く協同組合法(仮称)」の
速やかな制定を求める意見書

 今、地域の様々な問題を解決するに当たっては、行政だけではなく、住民自身の力に大きな期待がかかっている。また、地域に密着した、公共性・公益性の高い活動が、NPOやボランティア団体などにより、活発に展開されている。
 こうした中、市民自身が協同で地域に必要なサービスを事業化し、社会に貢献する喜びや尊厳を大切にして働き、人と人とのつながりとコミュニティの再生を目指す「協同労働」という新しい働き方が注目されている。

 しかし、現在、この「協同労働の協同組合」には法的根拠がないため、社会的に十分認知されておらず、活動をしていくうえで重要な入札・契約ができない、社会保障の負担が働く個人にかかるなどの問題がある。

 すでに欧米では、ワーカーズコープなどの労働者協同組合についての法制度が整備されているが、わが国においても、「協同労働の協同組合」について、多数の団体が法制化に賛同しており、国会でも超党派の議員連盟が立ち上がるなど、法制化を求める動きが広がっている。

 だれもが「希望と誇りをもって働く」、「仕事を通じて安心と豊かさを実感できるコミュニティをつくる」「人とのつながりや社会とのつながりを感じられる」、こうした働き方を目指す「協同労働の協同組合」は、住民の自立性と主体性を基礎に、「新たな公共」を育む市民事業とまちづくりを創造するものであり、働くこと、生きることに困難を抱える人々自身が、社会連帯の中で仕事を起こし、社会に参加する道を拓くものである。

 よって、本市議会は国に対し、就労の創出や地域の再生化に有効な制度として、「協同出資・協同経営で働く協同労働の協同組合法(仮称)」を速やかに制定されるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

   平成22年(2010年)3月16日

那 覇 市 議 会

あて先 衆議院議長、参議院議長
内閣総理大臣、総務大臣、厚生労働大臣、経済産業大臣


Line
トップページへ戻る   一覧表へ戻る

Copyright Naha City Assembly. All rights reserved.