那覇市マーク 那覇市議会 NahaCityAssembly 那覇市花ブーゲンビレア
インデックス
トップページへ  
ごあいさつ  
市議会の役割としくみ  
市議会の構成  
議員名簿  
会派所属委員会名簿  
議会の傍聴テレビ中継  
請願と陳情  
議会開催等のお知らせ  
委員会の開催日程  
委員会の活動等  
議決結果  
会議録検索  
なは市議会だより  
議会運営先例集  
那覇市議会史  
その他  
那覇市のホームページへ  
空白  
那覇市議会事務局  
お問い合せ  
電話番号  
背景色  
  • 背景色変更
  • 標準
議決結果
Line
一覧表へ戻る

垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの那覇軍港への一時配備及び米軍普天間飛行場への配備計画の撤回を求める決議

 去る5月11日、日米両国政府が米海兵隊垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ12機を10月の米軍普天間飛行場への本格配備前に、試験飛行や安全点検を実施するため、7月中旬に那覇軍港に配備するというまさに寝耳に水の新聞報道があった。
 オスプレイは、これまで開発段階から墜落死亡事故が多発し、去る4月11日にもアフリカのモロッコで2人が死亡、2人が重傷を負う墜落事故を起こしたばかりである。その事故原因も明らかにされておらず、安全性についての疑念はますます強くなっている。
 その危険性が再三指摘されている問題機種を、分解した状態で那覇軍港へ搬入し、組み立て、試験飛行を行うことは、市民・県民の命を危険にさらし、墜落と死の恐怖を押し付ける以外のなにものでもなく、言語道断である。
 復帰40周年の節目の年に、あえて本市へ一時配備するという計画は、平和を強く願う民意をいとも簡単に踏みにじる行為であり、沖縄を軽視かつ蔑視するもので、強い憤りを覚えるとともに日米両国政府への不信感をますます増大させるものとなっている。
 また、一昨年9月、昨年6月と過去2回も「オスプレイ配備計画反対の意見書」を可決した本市議会や県内他自治体の配備計画反対の訴えを完全に無視した日本政府の対応も到底許されるものではない。
 よって本市議会は、市民・県民の生命と財産、日常生活の安全と安心を守る立場から、日米両国政府に激しい怒りを込めて抗議するとともに、危険極まりないオスプレイの那覇軍港への一時配備及び米軍普天間飛行場への配備計画の撤回を強く求める。
 以上、決議する。

   平成24年(2012年)5月25日

那 覇 市 議 会

あて先 米国大統領、米国国防長官、米国国務長官、駐日米国大使、米海兵隊総司令官、 在日米軍沖縄地域調整官、海兵隊太平洋基地/在沖海兵隊バトラー基地司令官


Line
トップページへ戻る   一覧表へ戻る

Copyright Naha City Assembly. All rights reserved.